山梨の出会いの本質を書いた文章

山梨の出会いのふもとに滴るような
秋山明世のように
冬の山の惨めさとして眠るような
(ソング・ユー/レコード)
山梨の出会いの日本の画家が山水画の本質として書いた文章から、
山で笑う(春)
山梨 出会い

山のしずく(夏)
山のメイク(秋)
マウンテンスリープ(冬)
俳句では、山梨の出会いの山の季節語です。

夏に滴り落ちる、汗、夕方に雨などを考えるかもしれませんが、「山に落とす」ということになると、山の力が溢れたのでそれを捕まえようとしました。

言葉(文章)を心に留めておくと、夏山が落ちるというフレーズ。

夜のスープの光

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*